www.resignatod5.com
普通のはじめたばかりの人向けのFX取引の本では、「損失が生じた場面ではナンピンをして、全体の平均の買い付けコストを下げる」等書かれていたりしますが現実的にはナンピンには目に見えない危険が潜んでいます。はじめに、ナンピン買いの手法に関して分かりやすく説明しておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いだから円安ドル高に向うほど儲けが出るわけだが、思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高ドル安方向に触れたとします。このままの状態で保持し続けたとしたら、利益がでるためには損した分、ドル高に向う必要があります。赤字は早めに戻したいと願います。これを解決するためはじめに注文したのと同じだけの$(ドル)を、1ドル=95円でエントリーします。すると、全体の価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。その結果、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば損失を回復できる。こういったことがナンピンの理論です。ナンピンの手法を耳にすると、「なるほど」という気分になるが、為替は簡単には思った通りにはなりません。元々、1ドル95円以下にならないとは、なんびとも想像できません。例として、為替相場が相当のドル安基調だとすれば1ドル95円では収まることなく、より一層ドル安に進む可能性は高いです。例として、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピンしたポジションについても、差損が生じてしまいます。この状態では、最初に取引したドルと一緒に為替差損を被ります。このように、ナンピンは大変です。それでは、市場が自分自身の脚本とは逆にみるみる進んだ場合どんな術で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。そこで取るべき手段は限られています。まずひとつめは執着しないで、ポジションを諦める事です。もうひとつの選択肢としては、今、自分か所持している買いポジションを減らす事で改めて為替相場が回復するのを動かないで待ち望む事だけです。主体性のない手法だと思う投資家もいるでしょう。けれども、自分のポジションに損失が生じた場合正しいやり方はこの他には期待できない。なるほど、考え方としてはナンピン買いをする手法も有効です。けれどもナンピンは自身が損失を披っている場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころか反対にポジションを積み重ねていく対策です。この方法では、リスクを削減することなどとても可能ではないと考えたほうがいいです。ナンピン買いをしていけばいつかは儲けが出るかもしれません。でも、そうなる先に資金はショートしてしまいます。